マンション

第一種特定製品を安全に使用するための点検|安全を守るサイト

業者選びの方法

集合住宅

築10年~15年を目安にマンション大規模修繕を行なうことは大切です。マンション大規模修繕を成功させるためには、業者選びが重要になります。業者の種類によって特徴が異なるので、理解した上で選んだほうが良いです。

読んでみよう

管理者としての責任

レディ

地球温暖化が懸念されている今日ですが、その地球温暖化に大きな影響を及ぼしている原因の1つが、フロンガスです。フロンガスは、業務用冷凍空調機器分野の多くに使用されています。2020年になるとフロンガスの排出量は、現在の2倍になると言われています。それを防ぐためにフロン排出抑制法という法律ができています。この法律では、全ての業務用冷凍空調機器の簡易点検や定期点検と、点検記録の保存が義務付けられています。点検の対象となるのが、第一種特定製品です。第一種特定製品とは、業務用エアコンや業務用の冷蔵機器や冷凍機器のことです。スーパーやコンビニエンスストアだけではなく、工場やレストラン、さまざまな施設に第一種特定製品はあります。そのため、さまざまな場所で、第一種特定製品の点検が必要になるのです。

専門業者に依頼すれば、知識と経験豊富なスタッフが、点検を行なってくれます。中には、全メーカー機器に対応している知識豊富な専門業者も存在します。専門業者に簡易点検や定期点検を依頼することで、異常があった場合はすぐに見つけることができますし、トラブルが起きる前に対策をすることができます。フロン類が漏洩している場合も、専門業者にすぐに依頼するべきです。漏れている状態がわかっていて、放置することは禁止されているので、速やかに対策をしたほうが良いです。第一種特定製品の使い方を間違ってしまうと、罰則を受けることもあるので、管理者としての責任を持って知識をつけておくことが大切です。

修繕の必要性

作業担当者

マンションの大規模修繕をしないと、すぐに劣化して、寿命が短くなってしまいます。東京で大規模修繕をすれば、マンションの寿命を伸ばせますし、安全性を維持できます。不具合が起きる前に、修繕を行なうことが重要になります。

読んでみよう

工事の相場

室内

原状復帰は、小規模でも1坪あたり20,000円~50,000円程度の費用がかかるので高額になりがちです。専門業者に依頼すれば、リーズナブルな料金で対応してもらえます。

読んでみよう